HOME > 診療科・部門のご紹介 > 歯科口腔外科・口腔インプラント科 > 対象疾患と診療内容:口腔の良性腫瘍

歯科口腔外科・口腔インプラント科の対象疾患と診療内容6

6.口腔の良性腫瘍

 顎骨や口腔領域の軟組織内に良性の腫瘍が生じる場合があります。ゆっくりと増大し、再発・転移などは稀な腫瘍ですが、放置されると食べること、話すことに障害が生じ、顔面の形態を変形させます。術後の形態や機能をできるだけ正常に近い状態で維持するためには、やはり早期発見・早期治療が望まれます。
「かかりつけ歯科」で撮影したレントゲンにより発見されることも多く、日常から「かかりつけ歯科」への定期健診・定期通院を行い管理されることが大切です。

舌腫瘍
舌腫瘍
下顎骨腫瘍
下顎骨腫瘍

歯科口腔外科・口腔インプラント科の対象疾患と診療内容

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み