HOME > 診療科・部門のご紹介 > 歯科口腔外科・口腔インプラント科 > 対象疾患と診療内容:外傷

歯科口腔外科・口腔インプラント科の対象疾患と診療内容3

3.外傷(歯の脱臼や顎の骨折、口腔内外の軟組織の損傷など)

 交通事故や転倒、スポーツなどにより口腔の内外には様々な損傷が生じます。歯の破折や脱臼、顔面皮膚・口唇の損傷、口腔粘膜の損傷、顎の骨折などが生じます。外傷によって損傷を受けた口腔顎顔面のできるだけ早期の機能的、形態的回復を得るために主に手術による治療を行っています。
 歯が脱臼して抜け落ちた場合、脱落した歯の状態によっては歯の再植術を行うことが可能です。歯に砂などが付いて汚れている場合は、水で流し洗いした後、市販の牛乳につけるか、飲み込まないように口の中に入れるなど乾燥しないように持って来て下さい。
 交通事故や転倒、スポーツによって、「かみ合わせがズレた」、「ものが2重に見える」、「口が開きにくい」などの症状は、顎骨骨折の可能性がありますので口腔外科の受診が必要です。手術では折れた骨片を元の位置に戻し、断端が動かないようにチタン製プレートとスクリューを用いて固定します。

歯の脱臼
歯の脱臼
下顎骨骨折
下顎骨骨折
3次元CT画像
(下顎の正中に複雑骨折を認める)
術前X線写真
術前X線写真
術後X線写真
術後X線写真

歯科口腔外科・口腔インプラント科の対象疾患と診療内容

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み