HOME > 診療科・部門のご紹介 > 臨床検査室

臨床検査室

 臨床検査室では、生理機能検査業務と検体検査業務を行っています。
生理機能検査業務は、直接患者と接して行う検査が中心となります。循環生理検査、呼吸生理検査、神経生理検査、超音波検査など多くの生体検査業務を担っています。
検体検査業務は、患者から採血した血液検体や尿・糞便、体腔液(胸水・腹水・心嚢液等)、分泌物等を光学顕微鏡・蛍光顕微鏡や自動分析装置などを用いて分析し検査結果を報告します。一般・寄生虫検査、血液検査、生化学・免疫検査、輸血検査・血液製剤管理、微生物検査、病理検査があります。
 臨床検査室は、以下の認定資格を有した臨床検査技師が中心となって検査業務を行っています。
細胞検査士、国際細胞検査士、超音波検査士(消化器・体表臓器・循環器・泌尿器・血管)、認定臨床微生物検査技師、感染制御認定臨床微生物検査技士、緊急臨床検査士、血管診療技師、聴力検査士、日本糖尿病療養指導士、米国睡眠技師認定協会認定技師、日本睡眠学会認定技師、認定心電検査技師、二級臨床病理技術士(血液学、循環生理学、呼吸生理学、神経生理学、微生物学、病理学)

理念・方針

 いたわりの心を持って、迅速・的確な検査結果を提供するために、検査技術の向上に努めます。

方針

業務内容

採血室

 採血および採尿、採便、採痰など検体受付業務を行います。

生理機能検査

 心電図、超音波検査、肺機能検査、脳波検査、筋電図検査、その他動脈硬化に関わるものなど、身体の機能を調べる様々な検査を行っています。

一般検査

 尿中の蛋白・糖、潜血などの有無や細胞・結晶の分類、糞便中の潜血や寄生虫などの有無を検査します。その他、穿刺物(体腔液・髄液等)の生化学的検査等を行います。

血液検査

 血液中の赤血球数・白血球数・血小板数などの測定をします。また、血液標本を作製し細胞分類や異常細胞の検索等を行います。血液凝固系検査や骨髄液中の細胞検査等も行います。

生化学・免疫検査

 血清中の各種酵素・電解質、自己抗体、ウイルス抗原・抗体、ホルモン、腫瘍マーカー、血中薬物濃度などを自動分析装置で測定します。

輸血検査・血液製剤管理

血液型検査、不適合輸血を防止するための交叉適合試験、不規則抗体検査や自己血貯血・管理を行います。また、血液製剤(赤血球濃厚液、新鮮凍結血漿、濃厚血小板、アルブミン製剤)の適正使用・管理を行います。

微生物検査

 認定臨床微生物検査技師が中心となり感染症の原因微生物の検出や検出された微生物の感受性検査(有効な抗菌薬の選択検査)を行い、抗菌薬の情報を臨床に提供します。また、ICT(感染制御)などの委員会支援を行います。

病理検査

 病理検査には、病理組織標本作製、細胞診検査、手術中迅速検査があります。患者から採取した病変の組織や臓器から病理組織標本を作製し、病理専門医が病理診断を行います。
細胞診検査は、病変を針で採取した細胞や分泌物から細胞診標本を作製して細胞検査士が鏡検し、異常のある標本を細胞診専門医が細胞診断します。
 その他、病理解剖の介助を行い、病理解剖後に行われるCPC(臨床病理カンファレンス)の支援をします。

外来採血室

外来採血室
外来採血室
外来採血室
外来採血室
 採血室では、朝7時45分より外来患者の採血、採尿、採便、採痰業務を行っています。
採血室受付では、受付事務員による受付と、無人受付機による受付ができます。無人受付機の使用方法がわからない場合はスタッフにおたずねください。
 尿の検査が必要な場合がありますので、採血受付前に排尿しないようお願いします。
 採血室では、採血を安全に、間違いなく行うために、ご本人確認として生年月日を伺っています。ご協力をお願いいたします。
採血の後は血液が出やすい状態になっています。針を刺した部位は5分間程度しっかりと押さえて止血してください。

下記に該当する患者様は、スタッフにお申し出下さい。

その他、採血や採尿の疑問などご不明な点は遠慮なくスタッフにお尋ね下さい。

生理検査 心電図検査

生理検査 心電図検査
生理検査 心電図検査
 不整脈や狭心症、心筋梗塞など心臓に異常がないか調べる検査です。両手首、両足首、胸に電極をつけて検査します。

超音波検査

超音波検査
超音波検査
 体の表面から超音波をあてて、様々な病変の有無を検査します。検査部位は、心臓・肝臓・胆囊・膵臓・腎臓・乳腺・甲状腺・血管などです。検査部位により、食事制限などの注意事項があります。

 生理検査室では、その他に負荷心電図検査、ホルター心電図検査、肺機能検査、脳波検査、筋電図検査などを行っています。

血液検査 XN-3000多項目自動血球分析装置

XN-3000多項目自動血球分析装置
XN-3000多項目自動血球分析装置
 多項目自動血球分析装置を用いて、血液中の細胞分類などを行います。

血液凝固検査装置 STACIA

血液凝固検査装置 STACIA
血液凝固検査装置 STACIA
 血液の凝固線溶自動分析装置を用いて抗凝固薬(ワーファリンなど)の治療効果を調べます。

生化学自動分析装 JCA-BM6070

生化学自動分析装 JCA-BM6070
生化学自動分析装 JCA-BM6070
 主に血液内のさまざまな酵素などを自動分析装置にて測定しています。各臓器(心臓、肝臓、腎臓など)に対する検査項目を調べることでどの部位に異常があるのか、また栄養状態の指標である蛋白やコレステロールも調べます。

免疫分析装置 ARCHITECT i4000SR

免疫分析装置 ARCHITECT i4000S
免疫分析装置 ARCHITECT i4000S
 細菌やウイルスなどの病原体に感染したときに、体内ではそれらを異物(抗原)として攻撃する物質(抗体)を産生します。血液から抗体、抗原を調べて病原体に感染しているかを調べます。また、ホルモンや腫瘍マーカー、血中薬物濃度などを自動分析装置にて測定しています。

バイオラッド輸血管理システム ID-GESTATIONR

バイオラッド輸血管理システム ID-GESTATIONR
バイオラッド輸血管理システム
ID-GESTATIONR
 「コンピュータクロスマッチ」というシステムを使って患者に適合する血液製剤の選択や管理を行い、安全で有効な輸血療法に努めます。
 輸血検査で管理する血液製剤には、主に赤血球濃厚液・新鮮凍結血漿・濃厚血小板・アルブミン製剤があります。
 また、手術中の急な出血に備えてあらかじめ患者ご本人の血液を採取保存しておく自己血貯血管理も行っています。

一般検査

一般検査
一般検査
 試験紙を使った自動定性装置と、画像解析システムを応用した尿中有形成分分析装置を導入し、迅速な結果報告を目指します。

微生物検査

 遺伝子解析装置と質量分析計をもちいた細菌同定装置を導入し迅速性に優れた検査を行います。
微生物検査
微生物検査
微生物検査
微生物検査

病理検査

有機溶剤作業設備
有機溶剤作業設備
ホルマリン作業設備
ホルマリン作業設備

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み