HOME > 診療科・部門のご紹介 > 栄養室

栄養室

 栄養室では入院患者給食、栄養指導、栄養管理(栄養サポート)を行っています。

写真

理念・方針

 質の高い栄養管理と心のこもった食事で、あなたの健康を支えます。

方針

  1. 安心・安全な食事を約束します。
  2. おいしさを追求します。
  3. 根拠に基づいた知識と技術で、質の高い栄養指導を行います。
  4. 患者さまに寄り添い、心のこもった栄養サポートを行います。
  5. チーム医療に参画し、患者さまをチームの力で支えます。
  6. 食を通じて、地域住民の健康増進と健康管理に貢献します。
  7. チームワークを大切にします。

栄養室長ごあいさつ

写真
栄養室長 天野 香世子
 栄養室は、管理栄養士7名、非常勤管理栄養士1名、作業補助者1名が在籍し、入院患者給食、外来および入院時栄養指導、病棟での栄養管理(栄養サポート)を行っています。

【給食】
 給食業務を委託している会社のスタッフと協力し、安心・安全で美味しい食事の提供に努めています。当院では、地元のお米や新鮮な食材を使用し、手作りにこだわって調理をしています。患者さまからは、開院以来「おいしい」という良い評価をたくさんいただき、たくさんの投書(ありがとうメッセージ)をいただくことができました。これらのメッセージは、栄養室スタッフの宝物です。
【栄養指導】
 各診療科のカンファレンスに積極的に参加し、他部門のスタッフと連携しながら栄養指導を行っています。糖尿病や透析を中心に、毎月300件以上の栄養指導を実施しています。また、専門性の高い指導が行えるよう、糖尿病療養指導士などの認定資格取得にも積極的に取り組んでいます。今後も、根拠に基づいた質の高い栄養指導を、患者さまの生活に合わせ、丁寧に行っていきたいと思います。
【栄養管理・NST】  
 入院患者さまの栄養サポートにも力を入れています。各病棟に管理栄養士を配置し、適切な食事の提供、経腸栄養管理などの栄養サポートを行うことで、患者さまの栄養状態の改善に努めています。NST委員会が行う「中央NST」に加え、病棟ごとの「病棟NST」の活動を強化し、チーム医療の推進に努めています。

 栄養室の理念・方針に「チームワークを大切にします」という一文があります。これは、私がとても大切にしている方針です。当栄養室の強みは、医師や看護師などの他部門のスタッフとの連携の良さと調理スタッフを含めた部門内のチームワークの良さです。今後もチーム医療を担う栄養室として、患者様に寄り添い、心のこもった栄養サポートを行っていきたいと思います。

2018年 栄養室長 天野香世子

認定資格

  1. 糖尿病療養指導士 8名
  2. 病態栄養認定管理栄養士 5名
  3. がん病態栄養専門管理栄養士・研修指導士 1名
  4. NST専門療法士 1名

給食管理業務

 病院食の基準の作成や献立管理をはじめとする栄養管理、調理や作業管理、新鮮な地元の食材を活用した食材管理、施設管理、衛生管理、委託管理を行い、安心・安全でおいしい食事の提供に努めています。

写真

おいしさへのこだわり <病院食おいしさの5つの秘訣>

素材

 加工食品や冷凍食品をなるべく使用せず、新鮮な素材を仕入れることを心掛けています。当院のごはんは、静岡コシヒカリを使いガス火で一気に炊き上げています。お粥も、大きなお釜で一気にお米から炊くので、素材の味が生きてとてもおいしいです。 

写真

手作り

 500床という大病院の厨房ともなると機械化されていると思われるかもしれませんが、当院の厨房では、手作業で野菜の仕込みをして家庭と同じように調理をしています。ベーカリーの設備がありますので、朝食のパンは焼きたてで香りがよく人気があります。 

写真
写真

温度

 厨房から病棟まで食事を運ぶ配膳車は、温蔵庫と冷蔵庫を備えていて、温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態でお届けしています。

写真

工夫

 季節感のある行事食や楽しい企画を色々と考えています。七夕にはきらきら星に見立てたメニューや、バレンタインデーにはチョコプリンをお出ししたり、餃子や焼きそばなどのB級グルメも提供しています。

写真
写真

力を合わせ心をこめて

 平成25年5月1日開院初日は、掛川市立総合病院、袋井市立袋井市民病院の旧2病院で朝食を作り、朝食を出し終えるとすぐに新病院の厨房に入り、昼食を作りました。全国初の市民病院の合併という大プロジェクトを乗り越えたことで、強いチームワークが生まれました。これからも、スタッフが一丸となり、心のこもったおいしい給食を提供してまいります。

写真

病院食

 患者さま一人ひとりに合った食事を提供しています。嗜好調査の結果をもとに、献立会議を実施し、献立の改良に努めています。

写真

治療食

 エネルギー(カロリー)に制限のある方にも楽しんで頂けるよう、制限の範囲内で特別に調整した行事食を提供しています。

写真

嚥下食

 飲み込みにくい方や、咀嚼(そしゃく)が困難な方のために食べやすく調整した「嚥下食」を提供しています。美味しく食べられるよう、見た目や味を試行錯誤しながら工夫しています。

写真

行事食

 季節に合わせた行事食や、新しい試みを取り入れたメニューを提供しています

写真
「お正月のおせち料理」
写真
「土用の丑のうなぎ料理」

給食ニュース NEW

 行事食や嗜好調査など最新情報をまとめた「給食ニュース」を発行しています 。

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

嚥下食

嚥下食会議

写真

 管理栄養士、ST(言語聴覚士)、給食スタッフとで2ヶ月に1回嚥下食会議を開いています。実際に嚥下食を食べながら意見交換をしています。形態や味について検討し、「おいしい嚥下食」を目指しています。 

こだわり嚥下食

写真

【チキンカレー】
 こだわりポイント:カレーパウダーを使い、スパイシーなソースに仕上げています。盛り付け方も工夫しました。  

写真

【富士山ムース グリーンソース添え】
 こだわりポイント: 2層のムースを富士山に見立て、ほうれん草で作ったソースを添えました。視覚からも美味しさを感じられるよう、見た目にもこだわりました。

産科祝い膳

写真
産科祝い膳
 出産された方に、ささやかですが、おめでとうの気持ちを込めて「産科祝い膳」を提供しています。
※食事の種類により、対応出来ない場合があります。

焼きたてパン

 朝食にパン食を希望される方には、毎朝院内の厨房で焼き上げたパンを提供しています。香りも良くとっても好評です。
写真
写真

献立会議

 月に1回、栄養室スタッフで献立について検討会を行っています。献立の修正や新メニューの提案、行事食の企画など、話し合いを重ねて試作を行い、献立に反映しています。

写真

栄養指導業務

栄養指導

写真
栄養指導の様子
  患者さまの疾患に合わせて、医師の指示のもと、入院及び外来にて管理栄養士が個別栄養指導を行っています。糖尿病をはじめ、慢性腎臓病、脂質異常症など病態に応じた食事のアドバイスをさせていただいています。
 栄養指導を希望される方は、主治医またはスタッフまでお気軽にお申し出ください。(予約制)

栄養管理業務

入院栄養管理

 病棟担当の管理栄養士が、医師や看護師などの他職種と連携しながら、患者さまの病状に合った食事を選択、提供しています。濃厚流動食(経管栄養)の選択や、咀嚼(そしゃく)・嚥下状態に合わせた食事の調整などの栄養管理を行っています。
 入院中の食事については、随時栄養士が病棟へ訪問していますので、相談がある方はお気軽に声をお掛け下さい。
写真
写真

NSTミーティング及びラウンド

 週1回多職種が集まり、入院患者さまの栄養改善に向け意見を出し合います。実際に患者様の病室へ伺い、栄養管理についての検討をしています。
写真
写真

NST(栄養サポートチーム)

 医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、言語聴覚士など専門スタッフが連携し、入院患者様の栄養管理をしています。
写真
写真

NSTイブニングセミナー

 多職種の院内スタッフが持ち回りで講師を務め、栄養管理について学ぶ手作り学習会です。毎回、院内・院外から100名近くの方に参加して頂いており、地域の医療従事者との意見交換の場にもなっています。

写真

母親教室

 
写真
 毎月水曜日に開催される母親教室の中で、食事、栄養、体重管理についてお話をさせていただいています。

学会発表・講師

写真

第21回日本病態栄養学会年次学術集会

写真

第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会

学会発表

平成29年度

平成28年度

発表

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成25年度

講演講師

平成29年度

平成28年度

平成26年度

平成25年度

メディア掲載情報

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み