グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




放射線治療


放射線治療について

放射線治療は、がん治療の三本柱(手術・放射線・化学療法)のうちの一つで、外科的手術などに比べて、低侵襲かつ形態・機能の温存が可能であり、外来通院での治療・仕事の継続など、現状の生活を維持しながら治療ができます。

放射線治療の適用

脳腫瘍などの頭蓋内疾患はもとより、乳がん・前立腺がん・肺がん・頭頸部がんなどほとんど全ての悪性腫瘍に対して効果的があります。また、手術や化学療法との適切な組み合わせでより高い効果が期待できます。

放射線治療装置について

当院の装置は最新の放射線治療装置で、放射線を高い精度で制御して、正確な治療が可能です。従来の装置に比べ、正常組織への負担が軽減され効率の良い治療が行えます。

応用範囲が広いトリプルエネルギーを搭載

3種類(4、6、10MV)のX線エネルギーの出力が設定可能で、症例に合わせた最適なX線エネルギーを選択して照射ができます。また、4~15MeVの電子線の治療が可能です。

放射線治療装置Synergy(エレクタ社製)

複雑な照射方法に対応

一般照射、回転原体照射、定位放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)や「VMAT」など豊富な照射機能を備え最適な治療が行えます。
※VMAT(Volumetric Intensity Modulated Arc Therapy)回転照射しながら放射線の強度を変化させて理想的な線量分布を作り出す強度変調放射線治療です。

イメージガイド放射線治療(IGRT)

放射線治療装置本体に搭載されたイメージシステムにより、単純撮影や透視撮影、コーンビームCT画像をもとに3次元的な位置決めを行います。さらに、4DコーンビームCT撮影を行うことで呼吸性移動を考慮したより正確な放射線治療が可能です。

高精度・高精細な照射を支援

フルフィールド(40×40cm)に対応した5mmマルチリーフと2.5mmマイクロマルチリーフを使用し適切な照射野の形成をすることで病変にフィットした照射野の設定ができ、正常組織にあたる放射線の線量を減らすことができます。また、正確な位置決めができる6軸補正天板を組み合わせて高精度・高精細な照射を実現しています。
※6軸補正天板:縦、横、高さ方向の補正に加え、 各方向(Roll, Pitch, Yaw)を補正する天板。


定位放射線治療(SRT : Stereotactic Radiotherapy)について

脳定位照射

頭部病変に対し多方向から放射線を集中させ、ピンポイントに照射する方法です。患者様の固定には、シェルまたはヘッドフィックスを使用して、非侵襲的に高精度な位置再現性を実現します。さらに、2.5mmマイクロマルチリーフを採用することにより、腫瘍の形状に合わせリアルタイムな照射野の形成が可能で、高精度で効率的な照射が可能です。
※ヘッドフィックス:上顎の型を作成、その型を持続吸引して硬口蓋に貼り付け高精度に固定するシステム

シェル
(エンジニアリングシステム)

ヘッドフィックス
(上顎の型を持続吸引固定)

体幹部定位照射治療(SBRT:Stereotactic Body Radiation Therapy)

肺や肝臓などの体幹部に多方向から放射線を集中させ、ピンポイントに照射する方法です。 呼吸停止の可能な患者様には、アブチェス(呼吸モニタリング装置)と透視を使用して、正確な照射を行います。また、呼吸停止のできない方には、ボディーフィックス(ダブルバキュームテクノロジ)を使用して患者様の精密な『型』を作成し、患者様を覆うカバーシートを持続吸引することにより、体全体を均一に圧迫し呼吸などの動きを抑制し、自由呼吸下でも最小限の照射野で照射を行います。

アブチェス
(エイペックスメディカル)

ボディーフィックス
(ダブルバキュームテクノロジ)

放射線治療の流れ

(1)診察(腫瘍放射線科外来)

放射線治療専門医師による診察を行います。治療方針を決定し、どのくらいの放射線を照射するか・治療方法・照射部位・有害事象(副作用)・治療日程(治療開始日・治療期間・治療回数)などの説明を行います。ご要望やご質問がございましたらご相談ください。

診察

(2)放射線治療計画CTの撮影

患者様の体位を決め、患者様専用の固定具(固定マットやシェルなど)を作成して計画CTを撮影します。撮影したCTから正確な放射線量や位置を決めます。ここで決めた体位や固定方法で毎日同じ様に放射線をあてて治療しますので、痛みがある場合や姿勢がとりにくい場合は、がまんしないで遠慮なく担当にお知らせください。この時、位置合わせのためシールや油性ペンで皮膚に印を付けます。所要時間は、15~30分程度です。

固定具 例1

固定具 例2

(3)治療計画の作成

撮影されたCTをもとに治療計画装置にて、適切な範囲や照射方向、照射方法、照射線量などの治療計画を作成します。計画されたデータは、医師をはじめとする複数のスタッフで確認および検証を実施し、放射線治療装置に登録します。

治療計画装置

(4)放射線治療(放射線照射)

治療寝台の上に寝ていただきCT撮影時に作成した患者様専用の固定具を使用して固定し、適正な位置に照射ができるよう慎重に位置を合わせます。治療中は、体のまわりを機械が回りますが患者様に接触することはありませんのでご安心ください。また、体を動かすと位置がずれてしまいますので、担当がお知らせするまでは動かないようにお願い致します。照射の位置や照射方法、照射線量に間違いないか診療放射線技師2名でダブルチェックしてから照射を開始します。治療中は、操作室から複数のモニターで常に患者様を見守っています。また、マイクを通じて会話ができますので何かあればお知らせください。
治療期間中、スタッフが、毎日症状をお聞き致します。体の症状で何か変化がある場合は、必ずお知らせください。 また、ご不安なことやご要望などがございましたら、お気軽にご相談ください。

放射線治療操作室

放射線治療室内


放射線治療装置の出力線量について(第三者機関による測定評価の実施)

当院の放射線治療装置は、定期的な品質・精度管理を行い公益財団法人医用原子力技術研究振興財団による「治療用照射装置(X線)の出力線量の測定」を受け、正しい線量が出力されている測定結果を得ています。

放射線治療計画専用CT装置

被ばく低減技術AIDR 3D(逐次近似再構成法と呼ばれる技術で、被ばく低減およびノイズ低減と画質向上を実現)を搭載したCT64スライスを導入しております。これにより、従来よりも50%以下に被ばく線量を抑えて撮像しています。

治療計画専用CT Aquilion CX(東芝社製)

放射線治療を受けられる患者さまへのメッセージ

患者さまとご家族の皆さまに安心して治療していただける環境を提供できるよう努めております。不安なことや困ったことがございましたら、どんなことでもスタッフにお気軽にお申し出ください。
また、予約時間の設定は、患者さまのご都合にできるだけ配慮致します。
なお、当院独自の会計システムで院内滞在時間の短縮が可能です。是非ご利用ください。