グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門・センター >  センター機能 >  内視鏡センター

内視鏡センター


内視鏡センター

内視鏡センターでは、消化器内科医にて、上部消化管内視鏡・下部消化管内視鏡による、スクリーニング検査・精査加療や、内視鏡的超音波(EUS)による、上下部消化管・肝臓・胆管・胆嚢・膵臓の精査加療や、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)による、胆道・膵管の精査加療を行います。
また、消化管出血への内視鏡的止血術や、閉塞性黄疸・胆道感染などへの内視鏡的減黄・排膿(ドレナージ)術などを行います。
内視鏡専門医を含めた当院消化器内科医だけでなく、名古屋大学医学部消化器内科の関連病院として、名古屋大学病院の医師の派遣による、高度な内視鏡的治療も行う事も可能です。
呼吸器内科医による、気管支鏡検査での肺・気管の精査加療も行っています。

特色・特徴

上部消化管・下部消化管ともにNBIや拡大観察、超音波内視鏡を駆使しての精査を行う事ができます。
上部消化管内視鏡検査(特にスクリーニング検査)では、経鼻内視鏡(細径内視鏡)を用いた身体への負担の少ない検査が可能です。
組織検査(生検)、色素散布、NBI画像による精密検査や、ピロリ菌感染の有無も検査できます。
内視鏡的超音波(EUS)により、上部・下部消化管及び胆道・膵疾患などの精査も行う事ができます。
内視鏡による消化管拡張、消化管の良性疾患(ポリープなど)への内視鏡的切除術、消化管の悪性疾患(癌など)の内視鏡的治療に加え、消化管出血への内視鏡的止血術なども行います。

下部消化管内視鏡検査でも、炭酸ガスによる送気で腹部への負担を減らしたり、状況によっては鎮痛・鎮静剤を投与して、苦痛の少ない検査を行う事ができます。(鎮痛剤を用いた場合、同日の車の運転はできません。帰宅時には付添人をお願いする事があります)
下部消化管内視鏡検査で、大腸ポリープが発見された場合、拡大観察や色素散布及び組織検査(生検)での精査を行うだけでなく、その場でポリープを内視鏡的に切除する事もできます。(ポリープが大きかったり、数が多い場合は経過観察入院を要したり、抗血栓薬を内服している人は後日に治療する事があります)
消化管出血への内視鏡的止血術、腸閉塞への減圧処置(内視鏡的イレウスチューブ挿入)、腸捻転への内視鏡的整復術など、内視鏡的治療も行います。

X線透視下に内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を行い、胆道・膵臓疾患の精査加療が可能です。
造影所見や、胆管・胆汁・膵液などの組織・細胞診検査、内視鏡的胆管膵管腔内超音波(IDUS)などにより、胆道・膵臓疾患の精査を行います。
内視鏡的胆管結石除去術による胆管結石治療や、内視鏡的胆管ステント留置術による減黄治療などの、内科的な胆道膵臓疾患の治療が行えます。