グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




脳神経内科


日本神経学会認定准教育施設であり、東部遠州地域における唯一の脳神経内科専門施設です。常勤の専門医により、根拠に基づく医療(EBM)を行っています。

外来担当表

対象疾患と診療内容

主たる神経疾患(脳梗塞、脳炎・髄膜炎、てんかん、ギラン・バレー症候群、CIDP、多発性筋炎、パーキンソン病、ALS、アルツハイマー病、多発性硬化症など)の診断・治療を行っています。脳梗塞については、脳神経外科と連携して診療を行っています。
検査については、CT、MRI(1.5Tおよび3T)、SPECT、頸動脈エコー、筋電図、SEP、脳波検査装置、終夜睡眠ポリグラフィ検査装置、PET-CTなど、脳神経内科の診療に必要な機器が揃っています。
その他、筋生検、神経生検などの検査については、名古屋大学医学部神経内科の協力を得て実施しています。

診療実績

延べ患者数
項目 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
入院延べ患者数 6,898人 6,497人 7,312人 7,409人 7,028人
外来延べ患者数 9,454人 9,468人 9,962人 10,393人 10,636人
入院患者の主な疾患
項目 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
睡眠時無呼吸症候群 244例 314例 319例 311例 244例
特発性過眠症 55例 43例 24例 29例 57例
脳梗塞 96例 92例 104例 90例 116例
てんかん 51例 44例 59例 55例 37例
ナルコレプシー 34例 33例 33例 45例 47例
肺炎 24例 15例 48例 23例 5例
運動ニューロン疾患 16例 20例 17例 21例 20例
炎症性多発性ニューロパチー 11例 16例 10例 9例 16例
睡眠医療センター検査数
項目 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
終夜睡眠ポリグラフィ 合計 394例 472例 454例 440例 377例
診断PSG 338例 297例 326例 316例 287例
CPAPタイトレーション 128例 97例 123例 124例 87例
病棟PSG 6例 - 5例 4例 3例
反復睡眠潜時検査 91例 79例 60例 66例 88例
覚醒維持検査 42例 60例 45例 49例 24例
SIT 5例 2例 5例 6例 5例
簡易検査 15例 11例 9例 10例 16例
認知症疾患医療センター
項目 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
新規患者数 233人 269人 255人 231人 192人
医療相談件数  合計 1,796件 2,071件 2,199件 2,122件 1,761件
電話 983件 1,000件 1,129件 1,050件 808件
面談 813件 1,071件 1,070件 1,072件 953件


(2020年度 診療科別目標発表会資料から抜粋)

スタッフ紹介

若井 正一

職名 副院長
兼 診療部長
兼 睡眠医療センター長
兼 認知症疾患医療センター長
兼 人間ドック・健診センター長
卒業年 昭和62年
認定医・専門医資格
  • 日本神経学会専門医・指導医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本内科学会認定教育施設指導医
  • 日本睡眠学会専門医
  • 日本認知症学会認定専門医・指導医
  • 日本人間ドック学会認定医・専門医・指導医
  • 臨床研修指導医

數田 知之

職名 部長
卒業年 平成23年
認定医・専門医資格
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医

学会認定施設

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本認知症学会教育施設
  • 日本神経学会専門医制度准教育施設
  • 日本睡眠学会睡眠医療認定医療機関[A型]

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。