グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  人間ドック・健康診断 >  栄養士が教える!健康の秘訣

栄養士が教える!健康の秘訣


令和3年度

炭水化物を知ろう!

「糖質50%オフ」「糖質0g」「糖類0ゼロ」という表示をみかけたことはありませんか?
ここ数年、糖尿病、ダイエット、健康のためにと、炭水化物(糖質)への関心が高まっています。
炭水化物は余分に摂りすぎると血糖値を上昇させ、体重が増える原因となります。
大切なのは食べる量、食べる頻度、食べる時間です!
普段よく食べる食品に含まれる炭水化物量をチェックしてみましょう。

野菜を食べよう!①

「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」は人間が生きていく上で必要な栄養素です。
1日350g以上の野菜を摂ることで、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が十分にとれ、がんや生活習慣病を防ぐ効果が高いと言われています。
摂取量の目安は「両手3杯」「小鉢5皿以上」です。

野菜を食べよう!②

「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」は人間が生きていく上で必要な栄養素です。
1日350g以上の野菜を摂ることで、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が十分にとれ、がんや生活習慣病を防ぐ効果が高いと言われています。
摂取量の目安は「両手3杯」「小鉢5皿以上」です。

腸から始める健康生活!

腸は体内で消化、吸収、免疫、排泄など、様々な役割を担っています。
腸内には1000種類、100兆個の細菌が住み、腸の働きに大きな影響を与えています。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすことで腸の働きを高めることができます。
あなたも今日から腸活を始めてみませんか?

腸の働きを高めるために腸内の善玉菌を増やそう!

腸は体内で消化、吸収、免疫、排泄など、様々な役割を担っています。
腸内には1000種類、100兆個の細菌が住み、腸の働きに大きな影響を与えています。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすことで腸の働きを高めることができます。
あなたも今日から腸活を始めてみませんか?

内臓脂肪がたまりやすい生活をしていませんか?

内臓脂肪肪が過剰にたまると、高血圧、高血糖、脂質異常を引き起こし、
心臓病や脳卒中のリスクが高まります。
最近、ズボンやスカートのウエストがきつくなったと感じることはありませんか?
内臓脂肪がたまってきた徴候かもしれません。
内臓脂肪のたまりやすさをチェックしてみましょう。

内臓脂肪がたまりにくい食習慣を身につけましょう

内臓脂肪をためないためには、食事の量だけではなく、食事の中身や食事の時間も重要です。
気を付けるべきポイントが分かればメタボも怖くはありません。
今からでも間に合います。内臓脂肪がたまりにくい食習慣を身につけましょう!

内臓脂肪をためないためには、身体活動を増やすことも重要です。
今よりも少しでも長く、少しでも元気に身体を動かすことが健康の第一歩です。

家庭血圧を測定しましょう

高血圧の診断や治療効果の評価には診察室血圧だけではなく、家庭血圧での評価が重要です。
家庭血圧130/85mmHg以上で脳卒中や心筋梗塞の発症率が2~3倍上がります。
男性は40歳頃から、女性は50歳頃から血圧が上昇します。
50歳を過ぎたらご自身の健康管理のために、家庭血圧の測定をお勧めします。

塩分チェックをやってみよう!

1日の食塩の摂取量の目標は男性7.5g未満、女性6.5g未満です。
ラーメン1杯分にはなんと、1日の男性の目標量である約8gの食塩が含まれています。
味付けは「ちょっと物足りない」程度がちょうど良いです。
調味料は「かける」より「つける」、汁物は1日1杯まで、麺の汁は残すなど、
できるところから減塩を始めて見ませんか。

人間ドック・健康診断での検査結果の見方について①

人間ドックや健康診断でもらった検査結果。なんだか数字や英語ばかりでよく分からないと思っていませんか?
検査結果の見方が分かれば、これからの健康維持にも役立てることができますよ。
第1回は、BMI、腹囲、血圧、尿検査、便潜血、腫瘍マーカー、眼検査についてです。

人間ドック・健康診断での検査結果の見方について②

検査結果をもらうときはなんだか緊張しますね。
ほっと安心して結果はそのまま・・・という方もいるかもしれませんが、受けっぱなしでは意味がありません。
検査結果を見て、問題があれば食事・生活習慣を見直しましょう。
第2回は、炎症、貧血、腎機能、尿酸、血清蛋白、肝機能についてです。

人間ドック・健康診断での検査結果の見方について③

人間ドックや健康診断は毎年同じ施設で受診されていますか?
当院の検診結果には前々回までの記録が記載されています。
食事や運動などの生活習慣が原因となる項目が昨年に比べてどうなっているか、確認してみましょう。
第3回は、膵機能、糖尿病、脂質、肺機能についてです。

骨粗しょう症を予防しよう!

70歳以上、女性、4cm以上の身長の短縮、亀背、喫煙、飲酒、体重減少、運動不足…
この中に当てはまるものはありませんか?
これらのいずれかに該当する方は骨粗鬆症の可能性があります。
骨密度は加齢や女性ホルモンの低下が原因で低下します。
50歳を過ぎたら一度骨密度の検査をしてみませんか?

あなたのカルシウムは足りていますか?

1日のカルシウムの推奨量(30~74歳)は男性750mg、女性650mgです。
牛乳200mlには220mg、木綿豆腐1/4丁(100g)には120mgのカルシウムが含まれています。
乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、海藻類、小魚はカルシウムを多く含む食品です。
あなたの1日あたりのカルシム摂取量を計算してみましょう。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。