HOME > 特色と取り組み > 地域連携 > 地域連携パス

急性心筋梗塞 地域連携パス

運用・要領

対象患者

 重症症例を除いた患者さんが対象です。

パス発行

 患者さんの希望やかかりつけ医の存在を考慮し、病院が退院時に発行します。

使用方法

  • パスは患者さんが持って、病院とかかりつけ医を行き来します。
  • 病院とかかりつけ医は、パスに診察や検査結果、特記事項、コメントを記入します。
  • コメント欄には患者さん自身が気になること、医師に伝えたいことを記入できます。
  • パスは退院後2年間を治療スケジュールとします。

その他

  • 詳しくはパスの12ページから16ページに記載されている運用規定をご確認ください。

Get AdobeReaderPDFの書類をみるためには、AdobeReader® が必要となります。お手持ちのパソコンでPDF書類をご覧になれない場合は、右のバナーをクリックしAdobe Readerをダウンロードしてください。
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み