HOME > 診療科・部門のご紹介 > 歯科口腔外科・口腔インプラント科 > 対象疾患と診療内容:インプラント治療

歯科口腔外科・口腔インプラント科の対象疾患と診療内容2

2.歯の欠損部位へのインプラント治療(かかりつけ歯科と連携)

インプラント
インプラント

 歯が失われた部位の顎骨に人工歯根(チタン製のスクリュー)を植立して、人工的に歯を再生する治療がインプラント治療です。歯を失った場合の選択肢としては義歯(入れ歯)、ブリッジ(欠損部の隣の歯どうしを「橋渡し」する方法)などもありますが、義歯やブリッジでは、その「支え」となる歯に負担が生じます。その結果、長期的には義歯やブリッジの「支え」となった歯が失われ、欠損範囲の拡大につながる場合があります。残っている歯に負担をかけず歯を失った部位のみの負担でもう一度、歯を人工的に再生できることがインプラント治療の最大の利点です。義歯のように「はめたり、外したり」する必要はなく、ブリッジのように隣の歯を削る必要もありません。食事をする際の感触も元の自分の歯に近い感触で咀嚼を行うことが可能となります。
 インプラントで作製した歯を長期にわたり安定して維持するためには、御自身で行う口腔衛生管理・当院へのメンテナンス通院が不可欠です。また手術が必要で費用も高額(自費診療)となるため安易に行う治療ではありません。インプラント治療の適応であるかどうかを慎重に判断するため患者の求めていることがインプラント治療によって改善可能かどうかを十分に相談して治療を進めて参ります。

インプラントの詳しい説明

治療前
治療前

治療後

歯科口腔外科・口腔インプラント科の対象疾患と診療内容

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み