HOME > 診療科・部門のご紹介 > 産婦人科

産婦人科

 現在3名の日本産婦人科学会専門医を含む4名の常勤医、および4名の非常勤医で診療を行っております。
 治療方針に関しては科内で十分なカンファレンスを行い、患者個々のライフスタイル、希望を考慮しつつ根拠に基づいた医療 (Evidense based medicine)を提供することを目指しております。

診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
E1 高橋 村上 松本
(代務)
小田
(代務)
E2 村上 田中 鈴木
(代務)
高橋
E3 杉原
(初診)
(代務)
     
※紹介患者のみ(妊娠が主訴の場合は紹介状不要)

対象疾患と診療内容

 当科で取り扱っている分野は産科(主に妊娠分娩管理)、および婦人科(産科以外の婦人科疾患)により構成されております。
 当科で取り扱っている年間の分娩件数は約520件、手術件数は約200件です。
 分娩に関しては自然分娩を基本としておりますが、妊娠高血圧症候群症例、破水後の陣痛微弱症例、予定日超過症例等医学的な適応があると考えられる症例等に対しては陣痛誘発剤等による分娩誘発を行うこともあります。
 コントロール困難で未熟児出産が予測される切迫早産症例、当院での管理が困難と考えられる合併症を有する症例等、当院での管理が困難と考えられる妊婦症例は近隣高次施設へ御紹介させていただいております。
 医師が低リスクと判断した妊婦さんは助産外来での妊婦健診も可能となっております。アットホームな雰囲気のもと、ちょっとした心配事も相談できるような外来を行っております。授乳のトラブル、育児の悩みの相談にも親身にお答えしております。
 婦人科疾患では良性腫瘍症例(子宮筋腫、卵巣嚢腫など)、悪性腫瘍症例(子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌など)、子宮脱等の性器脱症例、子宮癌検診異常症例、感染症症例(クラミジア、淋菌感染症など)、内分泌疾患症例(月経異常、更年期障害など)等に対する診療を行っております。
 無痛分娩・人工妊娠中絶・体外受精は行っておりません。


診療実績

  
項目 H25 H26 H27 H28
総分娩数 519 562 575 624
正常分娩 362 379 405 433
吸引分娩 18 20 19 18
鉗子分娩 7 6 6 11
予定帝王切開術 76 86 90 96
緊急帝王切開術 53 66 51 58
腹式単純子宮全摘術 40 42 40 38
広汎子宮全摘術 3 3 2 3
準広汎子宮全摘術 1 0 0 1
子宮体癌手術
(後腹膜リンパ節郭清を含むもの)
0 1 0 1
卵巣癌手術
(後腹膜リンパ節郭清を含むもの)
2 1 1 2
子宮附属器切除術 10 17 13 6
卵巣嚢腫摘出術 10 2 5 4
筋腫核出術 2 3 2 0
円錐切除術 15 19 31 22
流産手術 25 51 39 27
子宮内膜掻爬術 7 7 6 6
その他 8 11 9 4

(単位:件数)

スタッフ紹介

氏名 職名 卒業年 認定医・専門医資格
村上 裕介 診療部長 平成8年
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期(母胎・胎児)暫定指導医
  • 母体保護法指定医
  • 臨床研修指導医
  • 医学博士
田中 晶 診療部長 平成11年
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 医学博士
高橋 慎治 診療部長 平成12年
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 臨床研修指導医
向 亜紀 医員 平成25年

学会認定施設

  • 日本周産期・新生児医学会周産期母体・胎児専門医暫定研修施設
  • 日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み