HOME > 診療科・部門のご紹介 > 外来化学療法室

外来化学療法室

 外来化学療法室ではがん化学療法や関節リウマチ、クローン病などへのモノクロナール抗体治療を行なっています。病床数20床で(ベッド10床、リクライニングチェア10床)で、静かで快適な空間を提供しています。
 スタッフは医師、看護師(がん化学療法看護認定看護師を含む)、薬剤師(がん薬物療法認定薬剤師を含む)からなり、それぞれの専門性を活かし、患者一人一人と良好なコミュニケーションを保ち、状況に応じたきめ細やかな対応をとっていきます。

理念

患者様の権利と人格を尊重し、QOL向上のために、安全でかつ安心な化学療法を提供します。

方針

  1. EBMに基づいた治療を提供します。
  2. 専門知識と最新情報に基づいた投与管理を行います。
  3. 予想される有害事象への的確な対応で、安全で確実な化学療法を行います。
  4. 質の高い多職種によるチーム医療を実践します。
  5. 患者様の状態に応じた生活指導で、治療を受けながらの社会生活を支援します。
  6. 化学療法の専門知識を日々習得します。

業務内容

医師

看護師

薬剤師

チーム医療

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み