HOME > 特色と取り組み > 主な医療機器

主な医療機器

手術支援ロボット

インテュイティブサージカル社 da Vinci Xi サージカルシステム

 医師が行う手術操作を正確かつ繊細に再現し、より安全に手術を行えるようロボットが支援します。
  • 3D HDによる高倍率視野で手術部位を正確かつ明瞭に画像化
  • 安定した自然な動きで手術を行うことができるIntuitiveRモーション技術
  • テーブルモーションシステムと連動
da Vinci Xi サージカルシステム
インテュイティブサージカル社
da Vinci Xi サージカルシステム

エックス線CT

シーメンス社 SOMATOM Definition Flash

 救急センターのすぐ横に位置し、救急患者の検査に迅速に対応します。最新の機能を多く搭載しています。
  • X線管球を2つ搭載した高性能超高速CT
    (1秒間に46cmの範囲を撮影。従来装置の約4倍)
  • Dual Energy Imaging
    (2つのエネルギーのX線を利用した撮影)
  • 64列×2、0.28秒/回転
シーメンス社 SOMATOM Definition Flash
シーメンス社 SOMATOM Definition Flash

シーメンス社 SOMATOM Definition AS64

 スタンダードな性能のCTです。基本的な検査に使用します。
  • 64列
シーメンス社 SOMATOM Definition AS64
シーメンス社 SOMATOM Definition AS64

フィリップス社 Brilliance iCT

 脳血管内治療センター・心血管内治療センターのすぐ横、手術室、ICU・CCU、救急病棟と同じ3階フロアーに設置され、CTアンギオ、血管内治療前後、手術後、CCU・ICUの患者の検査に、迅速に対応します。また、心臓の検査をおこないます。
  • 256列
  • 高速回転(0.27秒/回転)
  • 1回転で80mmの範囲が撮影可能。
    (80mm/回転)
  • 金属アーチファクト抑制アルゴリズム
  • 自動不整脈感知機能(心臓検査時)
フィリップス社 Brilliance iCT
フィリップス社 Brilliance iCT

SPECT/CT  2017年3月 装置を更新しました

シーメンス社 Symbia Intevo 6

 SPECT装置とは、シングル・フォト・エミッションCTの略語で、体内に注入したRI(放射性同位元素)の分布状況を断層画面で見る検査のことです。この装置にエックス線CT装置を組み合わせた装置がSPECT/CT装置です。
 CT画像を利用して体の減弱補正マップを作成し、正確な減弱補正をかけることが可能となりました。また、解剖学的位置情報をCT画像で補うことで正確な病巣の把握が可能になりました。
シーメンス社 Symbia Intevo 6
シーメンス社 Symbia Intevo 6

PET-CT

シーメンス社 Biograph mCT

 中東遠地域で、初のPET-CT装置です。
 今まで、西は浜松市、東は藤枝市で行っていた検査が、当院でできるようになりました。

  • 高感度システム
  • Time Of Flight(TOF)
  • 開口径 78cm
    (中東遠地区唯一のPETCT)
シーメンス社 Biograph mCT
シーメンス社 Biograph mCT

MRI

GEヘルスケア社 Discovery MR750w 3.0T


 3.0T-MRIは
  • SNRが高く分解能が高い
広い開口径のワイドボアMRで、快適な検査が期待できます。
 肝エラストグラフィーが可能です。
GEヘルスケア社 Discovery MR750w 3.0T
GEヘルスケア社 Discovery MR750w 3.0T

GEヘルスケア社 Signa HDxt 1.5T

 3.0T装置とは検査の内容により使い分けます。
 
GEヘルスケア社 Signa HDxt 1.5T
GEヘルスケア社 Signa HDxt 1.5T

脳血管内治療センター・心血管内治療センター

 血管撮影装置を3台設置しています。
 それぞれの装置が、どの検査や治療にも対応できるため、万が一の故障時にも、すぐに別の装置での対応が可能です。また、同じフロアーに設置されたCT装置の3D画像との連携で、複雑な血管の治療にも高いレベルで迅速に対応できるようになりました。
 当院では、24時間体制で稼動しています。

頭部血管 フィリップス社 AllulaClarity

  • FlexVision XL 56"マルチモニター
  • オートポジション機能
  • 回転撮影
  • インターベンション支援ツール(ライブ3Dガイダンス)
  • 3D-RA,3Dロードマップ XperCT
  • 2D-Perfusion
(画質を維持しつつ、エックス線の線量を大幅に低減し、患者の被ばくを最低限にとどめることができます。)
フィリップス社 AllulaClarity
フィリップス社 AllulaClarity

心臓血管 フィリップス社 Allula Xper FD10/10

  • FlexVision XL 56"マルチモニター
  • オートポジション機能(Brilliance iCTとの連動機能)
  • 心電図波形表示機能
  • Stent Boost
  • CT True View
フィリップス社 Allula Xper FD10/10
フィリップス社 Allula Xper FD10/10

腹部・四肢血管 フィリップス社 Allula Xper FD20/20

  • FlexVision XL 56"マルチモニター
  • オートポジション機能(アーム寝台)
  • 心電図波形表示機能 3D-RA Xper-CTD-RA
  • Xper Guide(穿刺サポート)
フィリップス社 Allula Xper FD20/20
フィリップス社 Allula Xper FD20/20

エックス線TV  2017年3月 装置を更新しました

日立製作所 VersiFlex VISTA

 
  • MTNR(動き追従型ノイズ低減処理)技術
  • M-DRC(マルチ周波数フィルタ処理)
  • FRC(フレームレート変換技術) 
 高画質化と低被ばくを実現した装置です。あらゆる方向からの透視や撮影が可能で、さまざまな部位の検査に対応します。
日立製作所 VersiFlex VISTA
日立製作所 VersiFlex VISTA

放射線治療

エレクタ社 Electa Synergy(ライナック:直線加速器)

  • イメージガイド放射線治療(IGRT)用リニアックX-ray Volume Imaging(XVI)を装備
  • 強度変調放射線治療(IMRT)であるVMATを装備
 次世代の高分解能ビーム成形ソリューション(マルチリーフコリメーター:MLC)160枚の高度分割タングステン製リーフによる高精度なビーム成形と、一般的なMLCの約2倍に高速化を実現します。
この装置の導入により、最新の放射線治療が可能になりました。
エレクタ社 Electa Synergy
エレクタ社 Electa Synergy

関連リンク

ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み