HOME > 当院について >沿革

沿革

平成25年4月 掛川市・袋井市病院企業団設立、初代企業長(院長兼務)に名倉英一氏就任
    5月 中東遠総合医療センター開院、旧病院から96人の患者搬送完了
院内保育園「ことり保育園」開園
7対1看護配置(7対1入院基本料)を取得
災害拠点病院に指定
平成26年4月 QIプロジェクト参加
救急搬送患者数が県内2位(通年換算)
DPC機能評価係数UがV群病院のうち県内1位(全国108位)
    8月 総合入院体制加算届出
平成27年3月 (一社)日本医療福祉建築協会「医療福祉建築賞2014」にて準賞を受賞
    4月 DPC機能評価係数UがV群病院のうち県内2位(全国66位)
    8月 静岡県下で10番目となる「救命救急センター」に指定
平成28年3月 病院機能評価認定病院に認定
    4月 DPC機能評価係数UがV群病院のうち県内1位(全国20位)
    8月 静岡県下で20番目となる「地域医療支援病院」に承認
    9月 歯科医師臨床研修病院に指定
平成29年2月 手術支援ロボット「ダヴィンチ」導入
    3月 新公立病院改革プラン(平成28年度〜平成32年度)策定
    4月 二代企業長(院長兼務)に宮地正彦氏就任
    9月 輸血機能評価認定病院に認定
平成30年4月 「がん相談支援センター」「緩和ケア外来」開設
(社)日本臨床衛生検査技師会「精度保証施設」に認定
(公社)日本診療放射線技師会「医療被ばく低減施設認定」に認定
(一財)公共建築協会「第16回公共建築賞」にて優秀賞を受賞
【参考】新病院開院までのあゆみ
平成18年2月 袋井市「今後の病院のあり方に関する検討委員会」設置
    8月 掛川市「掛川市立総合病院のあり方に関する検討委員会」設置
    10月 袋井市の検討委員会が提言
「掛川市立総合病院との統合が望ましい」
平成19年1月 掛川市の検討委員会が提言
「袋井市との統合、並びに菊川市、御前崎市など近隣自治体との連携、統合、再編による新病院を目指すべき」
    8月 両市議会で掛川市と袋井市の2市での統合協議開始を了承
    12月 「掛川市・袋井市新病院建設協議会」設置
約1年間にわたり、将来像、規模、建設場所、経営形態、建設時期を協議
平成20年12月 協議会が「掛川市・袋井市新病院基本構想」策定
平成21年1月 基本構想を踏まえて、両市の間で「掛川市・袋井市新病院建設に関する協定書」締結
    3月 掛川市土地開発公社が新病院建設用地を取得
    7月 「掛川市・袋井市新病院建設事務組合」設立
平成22年3月 病院建設基本計画策定
    6月 新病院基本設計完了
平成23年3月 新病院実施設計完了
    7月 新病院建設工事安全祈願祭
    12月 新病院の名称が「中東遠総合医療センター」に決定
平成24年6月 保育所・保管庫、外構、植栽、外構電気設備工事着工
平成25年3月 中東遠総合医療センター竣工
ページの先頭へ
当院について 診療科・部門のご紹介 ご利用案内 特色と取り組み